Rabbit Slide Show

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり

2015-06-06

Description

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のグループふりかえりのやり方の説明。

Text

Page: 1

グループふりかえりの
やり方
須藤功平
株式会社クリアコード
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会
2015-06-06
グループふりかえりのやり方
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 2

目的
各自が見つけた
リーダブルな
コードを
グループで共有
グループふりかえりのやり方
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 3

ポイント
悪いコードより
リーダブルな
コード
グループふりかえりのやり方
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 4

悪いコード
✓ 見つけやすい
✓ 異質
✓ リーダブルじゃない
✓ 過剰に指摘したくなる
✓ 指摘するならリーダブルなコードを
書いてPull Request
コミットメッセージによくなる理由を書く
例: https://github.com/BLThunder1991/
BLThunder1991-sezemi-2014-readable-code-2/pulls?
q=is%3Aclosed
グループふりかえりのやり方
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 5

リーダブルなコード
✓ 見つけにくい
✓ リーダブルだから
✓ すーっと理解できてひっかからない
✓ 今日のチャレンジ
✓ 意識して見つけよう!
グループふりかえりのやり方
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 6

やること
✓ 各自:リーダブルコードを共有
✓ グループ内で2つ選出
✓ clear-code/sezemi-2015の
Issue #1に報告
https://github.com/clear-code/sezemi-2015/issues/1
グループふりかえりのやり方
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 7

共有前の準備
✓ 時間:15分
✓ 適当に1人選ぶ
✓ その人のリポジトリーにIssueを作る
✓ ↑は共有したリーダブルコードを
集める場所
メンターへ:グループがIssueを作ったことを確認したら教えて
グループふりかえりのやり方
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 8

共有方法
✓ コードを見せながら順に紹介
a. さっき選んだ人から
時計回りで順に紹介
b. 1ターンにつき1人1つ紹介
c. 自分の画面を直接見せる
d. Issueに紹介内容をコメント
e. 数ターン繰り返す
メンターへ:うまく説明できないだろうから言語化を助けて
グループふりかえりのやり方
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 9

共有内容
memo.mdにまとめたものと同じ
✓ 実際のコードまたはURL
✓ リーダブルな理由
✓ 一言説明
✓ 見つけたきっかけ
メンターへ:メンターもリーダブルコードを見つけたらメモし
て
グループふりかえりのやり方
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 10

グループ内で2つ選ぶ
✓ 時間:10分
✓ 共有したリーダブルなコードの
中から2つ選ぶ
✓ 多数決でもよい
✓ clear-code/sezemi-2015の
Issue #1に報告
https://github.com/clear-code/sezemi-2015/issues/1
メンターへ:メンターが見つけたものは#2へ
グループふりかえりのやり方
Powered by Rabbit 2.1.7

Other slides

Mroonga!
2015-10-30