Rabbit Slide Show

OSS Gateワークショップ(チュートリアル)

2017-07-29

Description

OSS Gateワークショップ(チュートリアル)の説明。 [スライド](scenario.rab)と[文章](scenario.md)があります。説明をするときはスライド、詳細を確認するときは文章が適しています。

Text

Page: 1

OSS Gate
ワークショップ
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 2

席
○ビギナー●サポーター
□机   ☆ディスプレイ
●○○●   ●○○●
○□□□○ ○□□□○
□□□   □□□ 
  ☆     ☆  
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 3

アイスブレイク
✓ 目的
✓ 周りの人と話しやすくなること
✓ せっかくだから相談しよう!
✓ やること
✓ 参加目的を同じグループの人に説明
※内容より声を出すことが大事!
✓ 一番最後に座った人から時計回りで
順番はスムーズな進行のために指定しているだけ。
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 4

チャット:Gitter
✓ oss-gate/devel
✓ https://gitter.im/oss-gate/devel
✓ オンラインで相談できる場所
✓ 今日は連絡用に使う
✓ 登録してなにか書き込もう!
✓ 明日からも使おう!
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 5

OSS Gate?
OSSの門?
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 6

門
境界にあるもの
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 7

扱う境界
OSS 開
発
活発
自信ない
未参加者
参加者
興味あり
興味なし
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 8

ターゲット
OSS 開
発
活発
自信ない
未参加者
参加者
興味あり
興味なし
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 9

やりたいこと
OSS 開
発
活発
自信ない
未参加者
参加者
興味あり
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 10

未参加者→参加者
OSS 開
発
活発
自信ない
未参加者
参加者
興味あり
ワークショップで実現
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 11

OSS Gateとワークショップ
✓ OSS Gate
✓ [OSS開発参加者を継続的に増やす]
取り組み
✓ OSS Gateワークショップ
✓ […増やす]を実現するための1手段
✓ 未経験者が経験者になると増える
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 12

どうして未経験?
✓ (数人の参加者に聞く)
✓ 予想:
✓ やったことがないから
なんとなく敷居が高いと感じる
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 13

ワークショップの重要事項
体験する
体験して大したことはないとわかる→敷居が下がる
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 14

体験して門をくぐる
OSS 開
発
活発
自信ない
なんか不安だな…
未参加者
参加者
興味あり
OSS Gateワークショップ
くぐってしまえば
別になんてことはなかった!
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 15

よりくぐりやすく
OSS 開
発
サポート 活発
自信ない
未参加者
参加者
興味あり
OSS Gateワークショップ
大丈夫だよー
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 16

ワークショップの内容1
参加者のこと
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 17

立場一覧
✓ ビギナー
✓ サポーター
✓ サポートメンター
✓ 進行役
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 18

ビギナー
✓ OSSの開発に参加したい
✓ でも参加したことはない
✓ OSSの開発に参加した事はある
✓ でもまだ自信がない
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 19

サポーター
✓ ビギナーのサポート係
✓ OSS開発経験者
✓ 初参加でも大丈夫!
✓ 例:進行役がやることを随時説明
✓ 例:サポートメンターがサポート
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 20

サポートメンター
✓ サポーターのサポート係
✓ サポーター経験者
✓ 会場各地でスポットサポート
✓ サポート例:
✓ うまくサポートできていない感…
→相談しよう!
(サポーター1人で完璧にサポートしなくてもよ
い!)
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 21

進行役
✓ 進行と全体を気にかける係
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 22

ワークショップの内容2
流れ
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 23

今日の流れのポイント
✓ 未経験者の最初の1歩に最適化
✓ ※OSSの開発方法はいろいろある
✓ ※今日はこのやり方をやろう!
✓ ※違うやり方がいい人は応相談
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 24

流れ
1. ユーザーとしてOSSを動かす
2. ↑で気づいた事を開発元に
フィードバック
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 25

期待
✓ 普段は気づいていないだけで
実はフィードバックポイントが
あったことを体験して!
✓ ※普段、ググってブログやQiitaで
回避策を探していませんか?
そんなときどうしたらよいかはワークショップ内で!
✓ フィードバックを体験して!
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 26

ワークショップの内容3
ユーザーとして
OSSを動かす
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 27

動かす流れ
(詳細は後述)
1. 対象OSSを決める
2. 作業メモを書く場所を用意
3. 作業メモを書きながら
公式サイト・README通り
動かす
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 28

OSSとは
✓ オープンソースライセンスを
設定したソフトウェア
✓ https://opensource.org/licenses/
alphabetical
✓ ライセンスを確認すれば
OSSかどうかわかる
✓ OSS「っぽい」は存在しない
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 29

対象OSS決め
✓ ビギナーが決める
✓ 使っているOSSから選ぶ
✓ 難易度は気にしなくてよい!
サポーターがサポートするから!
✓ サポーターは↑をサポート
✓ 自分の知らないOSSや言語でもよい
ビギナーと一緒に悩んであげよう!
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 30

対象OSS決めデモ
デモ
✓ 最近使っているOSSは?
✓ ライセンス確認→OK!
✓ その中で一番ときめくのは?
✓ ではそれにしましょう!
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 31

動かすときのポイント
✓ 作業メモを書く
✓ 🛈:メモを書く場所はこのあと作る
✓ なにかする毎に書く
✓ 例:ドキュメントを読み始めた
✓ 例:次のドキュメントを読み始めた
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 32

作業メモを書く場所を作る
デモ
1. GitHub: oss-gate/workshop
2. ↑にissueを作る
3. 同じ島の他の人たちが作った
issue全部にコメント
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 33

作業メモの例
ドキュメント通りインストールしたけど
失敗した。
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 34

よりよい作業メモの例
http://... のインストール手順をなぞろう!
(↑後から再度参照できるようにURLも書く)
brewでインストールできるはずなのに失敗した
(↑期待する結果)
% brew install XXX(←なにをしたか)
(...コマンドの実行結果...)
(↑実際の結果)
XXX is not found
↑というようにパッケージがないと言われる
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 35

ユーザーとして動かす
デモ
1. 公式サイトを開く
2. 作業メモを書く
3. 概要を読む
4. 作業メモを書く
5. ...
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 36

作業開始!
●時▲分まで!
1. 公式サイトを開く
2. 作業メモを書く
3. 概要を読む
4. 作業メモを書く
5. ...
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 37

ふりかえり1
…●時▲分後
✓ これまでの活動を見直す機会
✓ 目的:
✓ 他の人の視点での考え方を知る
✓ 作業ログが役に立つことを実感
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 38

ふりかえり1:デモ
デモ
✓ サポーター:
✓ 作業メモを読み上げる
✓ 気になることはビギナーに質問
✓ フィードバックポイントを確認
✓ 完了→issueにコメント
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 39

ふりかえり1:進め方
✓ ビギナー1人ずつ順番に
✓ 対象ビギナーの作業ログを
ディスプレイに映す
✓ 同じ島のみんなで↑を見ながら
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 40

休憩
●時▲分まで!
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 41

現状確認
1. ユーザーとして動かす
2. ふりかえり1
3. フィードバックポイントを
発見!n
4. ↑をフィードバック
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 42

フィードバック
✓ upstream(開発元)に
うまくいかなかったことを報告
✓ ここで詰まった、を伝える
✓ こうだったらよかった、を伝える
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 43

報告方法
1. 整理する
✓ 自分の考えが文章になればOK
2. 開発者にとって
わかりやすくなるように編集
3. 適切な場所に報告
✓ GitHubのissueとか
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 44

1. 整理する
✓ 自分で自分の気持ちを理解
✓ 自分が読んで理解できる文章に
まとめられれば理解できている
✓ 自分が理解できていないことは
開発者にも伝えられない!
✓ 作業メモに追記→サポーター確認
サポーターへ:メモ(断片)の文書化を手伝って
例:考えを整理できるような質問をする
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 45

整理方法
デモ
✓ 作業メモを開く
✓ フィードバック対象を決める
✓ 自分の気持ちを作業メモに追記
✓ サポーターに確認依頼
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 46

2. 編集する
✓ 開発者にとって
わかりやすくなるように編集
✓ 報告方針をまとめているOSSもある
例:GitHubにあるCONTRIBUTING.md
✓ 作業メモに追記→サポーターに確認
サポーターへ:リーダブル化を手伝って
例:自分が開発者ならこう読めると開発者視点を伝える
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 47

編集の仕方
✓ ポイント
✓ 相手がわかるように書く
✓ 例:省略しない(具体的に書く)
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 48

省略例
インストールしました。
動きませんでした。
どうしたらいいでしょうか?
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 49

省略しない例
↓でインストール
% sudo apt-get install ...
(...実行結果...)
↑のように失敗しました。
環境:Ubuntu 16.10 amd64
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 50

なぜ省略しないか
✓ 相手は私を知らないから
✓ 省略すると想像しないといけない
✓ だいたい想像は外れる
✓ 話が噛み合わない!
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 51

省略しないとは
✓ 詳細を書く
✓ 実行したコマンド・実行結果
✓ やったことを書く
✓ やっていないことを書く
✓ 期待した結果を書く
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 52

編集方法
デモ
✓ 作業メモを開く
✓ 自分の気持ちを開発者に伝わる
ようにまとめて作業メモに追記
✓ サポーターに確認依頼
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 53

3. 報告する
✓ 適切な場所に報告
✓ OSSによって報告場所は違う
✓ サポーターへ
✓ 報告に二の足を踏んでいる人の背中
を押してあげて
例:自分が開発者ならこの報告をもらったらうれし
い、と開発者視点を伝える
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 54

報告方法
デモ
✓ 報告方法を探す
✓ サポーターに後押ししてもらう
✓ まとめた報告内容を報告
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 55

ふりかえり2:デモ
デモ
✓ サポーター:
✓ 作業メモを読み上げる
✓ よかったことをよい!と言う
✓ 気になることはビギナーに質問
✓ 完了→issueにコメント
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 56

ふりかえり2:進め方
✓ ビギナー1人ずつ順番に
✓ 対象ビギナーの作業ログを
ディスプレイに映す
✓ 同じ島のみんなで↑を見ながら
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 57

まとめ
✓ 今日やったことを再確認
✓ 明日からのことを確認
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 58

目的の確認
OSS開発未経験者
↓
OSS開発 経験者
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 59

やったこと
OSS開発参加を体験する
1. ユーザーとして動かす
2. フィードバック
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 60

体験時のポイント
常にメモ
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 61

常にメモの理由
✓ 詰まったところに気づくため
✓ いつもはスルーしていない?
✓ 実はフィードバックポイント!
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 62

詰まったところ
✓ OSS開発参加のチャンス!
✓ ポジティブに捉えてみよう
✓ 実際に参加して楽しかった?
✓ 直ると次の人はうまくいく
✓ 気分がいいね!
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 63

気づいた?
✓ コードを書くだけが
OSS開発参加方法じゃない
✓ 使いはじめのユーザーだから
できることもある
✓ やり方を知ればやれる
✓ 明日からもやってみよう!
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 64

明日からのやり方
✓ 自分が使っているOSSでも
やってみよう
a. ユーザーとして動かす
b. 気になったことをまとめる
c. フィードバック
✓ ↑失敗が怖い?
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 65

OSSと失敗
✓ そもそも失敗と認識されない
✓ 少なくとも1発アウト!はほぼない
✓ 新規開発者は基本的にWelcome
✓ 失敗しても根に持たれない
✓ 失敗→改善:改善後を評価
↓
明日からオススメ方法をTry!
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 66

メッセージ
不安がらずに
OSSの開発を
楽しんで!
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 67

おさそい
✓ OSS Gateに継続参加!
✓ チャット・ワークショップ・…
✓ OSS Gateを継続宣伝!
✓ 周りの人を誘う
✓ ブログに書く
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Page: 68

おねがい
✓ 今日のフィードバックを!
✓ 次に活かしたい
✓ この後すぐ
✓ アンケート記入
✓ アンケート結果をみんなで確認
OSS Gateワークショップ
Powered by Rabbit 2.2.1

Other slides