Rabbit Slide Show

oedo07

Description

Text

Page: 1

僕のスライドツール変遷
2018-09-15 浅草 雷5656会館 5F・6F『ときわホール』
大江戸Ruby会議07
うなすけ

Page: 2

自己紹介
名前 : うなすけ
所属 : 株式会社バンク (エンジニア)
インフラ寄りサーバーサイドエンジニア
業界4年目
GitHub @unasuke
Mastodon @unasuke@mstdn.unasuke.com
Twitter @yu_suke1994

Page: 3

ちょっと宣伝

Page: 4

ちょっと宣伝

Page: 5

ちょっと宣伝

Page: 6

今日話すこと

Page: 7

もくじ
1. 生活発表会
2. これまでのスライド作成
3. スライドに求めるもの

Page: 8

生活発表会
地域Rubyist集団Asakusa.rbがmeetupのだいた
い100回を記念して、うららかな春の昼下がりの
東京下町で地域Ruby会議を開催します。地域
Rubyist集団の生活発表会みたいなものです。
http://regional.rubykaigi.org/oedo01/
大江戸Ruby会議 = 生活発表会

Page: 9

Rubyistの生活
Rubyを書く
Ruby会議に行く
なにかしら登壇する
Rubyistの生活に欠かせないスライド発表

Page: 10

もくじ
1. 生活発表会
2. これまでのスライド作成
3. スライドに求めるもの

Page: 11

スライド作成
PowerPoint
Keynote
md2key
Prezi.com
Reveal.js
esa.io
Marp

Page: 12

ぼくのこれまで
1. PowerPoint
2. Keynote
3. Reveal.js
4. Rabbit ← いまここ

Page: 13

ぼくのこれまで - PowerPoint
Windowsだったから
深い理由はない
「スライドといえばパワポ」という認識
slideshare.net にアップロード

Page: 14

ぼくのこれまで - Keynote
MacBookを買ったから
深い理由はない
標準でついてくるし……
がんばらなくてもなんとなくオシャレ
slideshare.net にアップロード

Page: 15

ぼくのこれまで - Reveal.js
https://revealjs.com/
Webアプリ開発を仕事でするようになった
JavaScript、CSS でカスタマイズできる
勉強にもなる!
GitHub pagesで公開
これまでに22のスライドを作成していた

Page: 16

ところでRabbitとは
Rabbitはプログラマ向け(主にRubyist向け)の
プレゼンテーション ツールです。
http://rabbit-shocker.org/
すとうさん作
My way with Ruby - Kouhei Sutou - Rabbit Slide
Show
これ

Page: 17

もくじ
1. 生活発表会
2. これまでのスライド作成
3. スライドに求めるもの

Page: 18

スライドに求めるもの
plain textで書ける
gitで管理
環境を選ばない
公開時に
リンクがクリックできる
URLを自由に編集できる
よくわからない挙動をしない

Page: 19

スライドに求めるもの、を満たすもの
GitHub Pagesしかなかった
Reveal.js
https://github.com/hakimel/reveal.js
remark
https://github.com/gnab/remark

Page: 20

スライドに求めるもの、を満たすもの
https://twitter.com/yu_suke1994/status/911174874843955200

Page: 21

スライドに求めるもの、を満たすもの
https://twitter.com/ktou/status/911922706991374336

Page: 22

スライドに求めるもの、を満たすもの
https://twitter.com/yu_suke1994/status/928165630800306176

Page: 23

スライドに求めるもの
plain textで書ける
gitで管理
公開時に
リンクがクリックできる
URLを自由に編集できる
よくわからない挙動をしない
Rabbitで全て実現できるようになった

Page: 24

Rabbitにできないこと
文字などの自由配置
図の作成
アニメーション
凝った発表はつくれない

Page: 25

Rabbit(など)にしかできないこと

Page: 26

Rabbit(など)にしかできないこと
pull reqを出せる
Fix broken image link to cozmixchu #114
Add support ‘–licenses’ option in ‘rabbit-slide new’
#116

Page: 27

まとめ
Rubyでできることは結構多い
発表資料を作れる
Rubyがわかると貢献できる
ツールが一気に身近になる

Other slides