Rabbit Slide Show

Kouhei Sutou's slides

PHPでPostgreSQLとPGroongaを使って高速日本語全文検索!

PHPでPostgreSQLとPGroongaを使って高速日本語全文検索を実現する方法を紹介します!これを参考にLIKEよりも速くリッチな日本語全文検索機能を実現しましょう!

  • rabbit
  • php
  • postgresql
  • full-text-search
  • japanese
  • pgroonga
  • phpstudy

2017-06-28

PHPでPostgreSQLとPGroongaを使って高速日本語全文検索!

MySQLとPostgreSQLと日本語全文検索 - Azure DatabaseでMroonga・PGroongaを使いたいですよね!?

MySQL・PostgreSQLでの日本語全文検索の現状を紹介します。また、MySQL・PostgreSQLで日本語全文検索する方法としてMroonga・PGroongaを使う方法を紹介します。この話を聞くと、Azure DatabaseにMroonga・PGroongaがインストールされているといいのに!と思うはずです。

  • rabbit
  • mysql
  • postgresql
  • full-text-search
  • mroonga
  • pgroonga
  • azure

2017-06-26

MySQLとPostgreSQLと日本語全文検索 - Azure DatabaseでMroonga・PGroongaを使いたいですよね!?

Apache Arrow

Apache Arrowが解決したい問題、設計方針、速さの秘密、現在できること、今後できるようになることなど、Apache Arrowを知らない人でもApache Arrowのことがわかるようになる説明をします。

  • rabbit
  • arrow
  • data

2017-06-13

Apache Arrow

Apache Arrow

Apache Arrowが解決したい問題、設計方針、速さの秘密、現在できること、今後できるようになることなど、Apache Arrowを知らない人でもApache Arrowのことがわかるようになる説明をします。

  • rabbit
  • arrow
  • data

2017-05-28

Apache Arrow

株式会社クリアコード

関西Ruby会議2017のテーマは「Ruby Community and Ruby Business」なので、創業当時からRuby関連の人たちと関わりながらRubyを活かしたビジネスをしてきた私たちの会社「株式会社クリアコード」の話をします。

  • rabbit
  • clear_code
  • kanrk2017

2017-05-27

株式会社クリアコード

OSSの開発に参加しよう! - OSS Gate

OSSの開発に参加するってどういうことだろう。簡単?難しい?なにから始めればいいの?OSSの開発に参加したことがない人向けにそんなもろもろについて説明します。

  • rabbit
  • oss
  • oss_gate

2017-05-23

OSSの開発に参加しよう! - OSS Gate

RubyもApache Arrowでデータ処理言語の仲間入り

Apache Arrowはデータ分析システム間でのデータ交換を効率化することを目的としたデータフォーマットです。pandasやApache SparkやRなど主要なデータ分析システムはApache Arrowの対応を進めています。近い将来、データ分析システム間でのデータ交換はApache Arrowを使う状態になるでしょう。RubyもApache Arrowに対応することで既存のデータ分析システムとデータ交換できるようになります。これで、Rubyもデータ分析システムの一部でデータ処理をできるようになります!

  • rabbit
  • ruby
  • arrow
  • data

2017-05-19

RubyもApache Arrowでデータ処理言語の仲間入り

GroongaでRedmineを高速全文検索

Redmineに全文検索エンジンGroongaサポートを追加する「Full Text Search」プラグインを紹介します。このプラグインを使えば数十万チケットがあるRedmineでも高速に目的の情報を見つけられます。高速になるという現状の話だけでなく、Redmine内のデータを有効活用するという今後の話もします。

  • rabbit
  • groonga
  • mroonga
  • pgroonga
  • redmine
  • full-text-search

2017-05-13

GroongaでRedmineを高速全文検索

Apache ArrowのRubyバインディングをGObject Introspectionで

Apache Arrowはデータ分析を支援するライブラリーです。高速にデータにアクセスできる機能を提供します。重要なのは既存の多くのデータ分析関連プロダクトがApache Arrowと連携すると表明しているところです。RubyでもApache Arrowを使えるようになるとRubyでも既存のデータ分析関連プロダクトと連携できるようになります。そうなれるようにGObject Introspectionを使ってRubyからApache Arrowを使えるようにする方法を紹介します。

  • rabbit
  • arrow
  • gobject-introspection
  • ruby
  • bindings

2017-02-11

Apache ArrowのRubyバインディングをGObject Introspectionで

Groonga族2016

Groonga、Mroonga、PGroongaなど、Groonga関連プロジェクトの概要と2016年現在の最新情報を紹介します。

  • rabbit
  • groonga
  • mroonga
  • pgroonga
  • full-text-search

2017-02-09

Groonga族2016

PGroonga – Make PostgreSQL fast full text search platform for all languages!

PostgreSQL has built-in full text search feature. But it supports only limited languages. For example, it doesn't support Japanese. pg_trgm bundled in PostgreSQL supports all languages including Japanese. But it has performance problems for large documents. This talk describes about PGroonga that resolves these problems.

  • rabbit
  • pgroonga
  • postgresql

2016-12-03

PGroonga – Make PostgreSQL fast full text search platform for all languages!

Mroonga開発者が来たぞ!

2016年11月17日(木)開催の三木会でのMroonga紹介資料。

  • rabbit
  • mroonga
  • 3moku

2016-11-17

Mroonga開発者が来たぞ!

Mroonga・PGroonga導入方法

既存のアプリケーションにMroonga・PGroongaを導入する方法を具体的な事例を使いながら紹介します。

  • rabbit
  • mroonga
  • mysql
  • pgroonga
  • postgresql
  • full-text-search

2016-09-29

Mroonga・PGroonga導入方法

How to create bindings 2016

This talk describes how to create Ruby bindings of a C library. It's the latest information in 2016.

  • rabbit
  • ruby
  • bindings

2016-09-09

How to create bindings 2016

OSS開発者を増やしたい!

「OSS開発」をテーマにしたSpeee Cafe Meetup #02用の資料。OSSを開発するかどうかをどう判断すればよいか、OSS開発者になる最初のステップはどうしたらよいか、組織にOSS会はts派を増やすにはどうしたらよいかを説明。

  • rabbit
  • oss
  • speee

2016-09-01

OSS開発者を増やしたい!

Mroonga最新情報2016

2016年7月時点でのMroongaの最新情報を紹介します。MariaDBコミュニティイベント in Tokyoでの紹介なのでMariaDBに関連する情報を多めに紹介します。

  • rabbit
  • mroonga
  • mariadb
  • groonga

2016-07-21

Mroonga最新情報2016

初心者向けMroonga・PGroonga情報

Mroonga・PGroongaをさわり始めた人向けの情報を紹介します。オススメの使い方、トランザクション、レプリケーションに関する情報です。

  • rabbit
  • mroonga
  • mysql
  • pgroonga
  • postgresql
  • full-text-search

2016-06-09

初心者向けMroonga・PGroonga情報

アプリケーションへのRubyインタープリターの組み込み

milter managerとGroongaを例にして、アプリケーションへのCRubyの組み込み・mrubyの組み込みの実装について説明します。

  • rabbit
  • ruby
  • embed
  • milter-manager
  • groonga

2016-05-28

アプリケーションへのRubyインタープリターの組み込み

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバック

OSS Gateワークショップ(チュートリアル)でのフィードバックの送り方の説明。

  • rabbit
  • oss_gate

2016-03-26

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバック

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順

OSS Gateワークショップ(チュートリアル)でのOSS開発手順の説明。

  • rabbit
  • oss_gate

2016-03-26

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ

OSS Gateワークショップ(チュートリアル)のまとめ。

  • rabbit
  • oss_gate

2016-03-26

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ

MroongaとPGroonga

MySQL・PostgreSQLでGroonga(Mroonga・PGroonga)を使って日本語全文検索する方法とその特徴を紹介します。

  • rabbit
  • mysql
  • postgresql
  • full-text-search
  • mroonga
  • pgroonga

2016-02-09

MroongaとPGroonga

ngx_http_groonga - 全文検索nginx

nginxに全文検索エンジンGroongaを組み込んでnginxを全文検索サーバーにするngx_http_groongaを紹介します。

  • rabbit
  • nginx
  • groonga

2016-02-08

ngx_http_groonga - 全文検索nginx

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のアイスブレイク

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)でのアイスブレイクの仕方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-12-22

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のアイスブレイク

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要と進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-12-22

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめと次のステップの説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-12-22

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け) - 課題の実装の進め方

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)で実装する課題の概要と進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-12-22

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け) - 課題の実装の進め方

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のコードチェンジ

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)でのコードチェンジの進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-12-22

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のコードチェンジ

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)でのリーダブルコードの共有の進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-12-22

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)でのリーダブルコードの共有の進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-12-22

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有

OSS Gateを立ち上げよう

OSS Gateとは「OSS開発に参加する人を増やす取り組み」です。なぜOSS Gateをはじめることになったのか、どのようにすれば継続的にOSS開発に参加する人を増やす仕組みにできるか、など、OSS Gateという取り組みで成果をだす(OSS開発に参加する人を増やす)にはどうしたらよいかを考えます。 考えるだけではなく、今後、考えた方法を実際に実現していきます。

  • oss-gate

2015-12-15

OSS Gateを立ち上げよう

The history of testing framework in Ruby

This talk describes about the history of testing framework in Ruby. Ruby 2.2 bundles two testing frameworks. They are minitest and test-unit. Do you know why two testing frameworks are bundled? Do you know that test-unit was bundled and then removed from Ruby distribution? If you can't answer these questions and you're interested in testing framework, this talk will help you. This talk describes about the history of bundled testing framework in Ruby and some major testing frameworks for Ruby in chronological order.

  • rabbit
  • ruby
  • testing-framework

2015-12-12

The history of testing framework in Ruby

Groonga族2015

Groonga、Mroonga、PGroonga、Rroonga、Droongaなど、Groonga関連プロジェクトの概要と2015年現在の最新情報を紹介します。

  • rabbit
  • groonga
  • mroonga
  • pgroonga
  • rroonga
  • droonga
  • full-text-search

2015-11-29

Groonga族2015

PGroongaの実装

PGroongaはPostgreSQLに日本語全文検索機能を追加する拡張機能で、インデックスアクセスメソッドとして実装されています。インデックスアクセスメソッドの拡張機能は少なく、どのように実装すればよいか知らない人が多いでしょう。 PGroonga の実装を紹介することでインデックスアクセスメソッドをどのように実装すればよいかを説明します。

  • rabbit
  • pgroonga
  • postgresql
  • groonga

2015-11-27

PGroongaの実装

Mroonga!

Mroonga! MyNA 15周年おめでとう!

  • rabbit
  • mroonga
  • mysql
  • groonga

2015-10-30

Mroonga!

SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目のまとめ

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のための勉強会 - OSS Hack Weekend」の2日目のまとめ。

  • rabbit
  • sezemi
  • oss

2015-07-12

SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目のまとめ

SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目の概要

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のための勉強会 - OSS Hack Weekend」の2日目のイベント概要と進め方の説明。

  • rabbit
  • sezemi
  • oss

2015-07-12

SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目の概要

SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のための勉強会 - OSS Hack Weekend」の1日目のイベント概要と進め方の説明。

  • rabbit
  • sezemi
  • oss

2015-07-11

SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要

SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目のまとめ

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のための勉強会 - OSS Hack Weekend」の1日目のまとめ。

  • rabbit
  • sezemi
  • oss

2015-07-11

SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目のまとめ

リーダブルコード勉強会 in 筑波大のアイスブレイク

リーダブルコード勉強会 in 筑波大のアイスブレイクの仕方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-07-04

リーダブルコード勉強会 in 筑波大のアイスブレイク

リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ

リーダブルコード勉強会 in 筑波大のコードチェンジのやり方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-07-04

リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ

リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - 練習

リーダブルコード勉強会 in 筑波大の課題の進め方を練習する方法の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-07-04

リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - 練習

リーダブルコード勉強会 in 筑波大のグループふりかえり

リーダブルコード勉強会 in 筑波大グループふりかえりのやり方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-07-04

リーダブルコード勉強会 in 筑波大のグループふりかえり

リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方

リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-07-04

リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方

リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ

リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-07-04

リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ

SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のための勉強会 - OSS Hack 4 Beginners」でのOSS開発手順の説明。

  • rabbit
  • sezemi
  • oss

2015-06-27

SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順

SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のための勉強会 - OSS Hack 4 Beginners」でのフィードバックの送り方の説明。

  • rabbit
  • sezemi
  • oss

2015-06-27

SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック

SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のための勉強会 - OSS Hack 4 Beginners」のまとめ。

  • rabbit
  • sezemi
  • oss

2015-06-27

SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ

実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方

2015-06-24開催の実践リーダブルコードで実装する課題の概要と進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-06-24

実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方

実践リーダブルコードのまとめ

2015-06-24開催の実践リーダブルコードのまとめと次のステップの説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-06-24

実践リーダブルコードのまとめ

実践リーダブルコードのコードチェンジ

2015-06-24開催の実践リーダブルコードでのコードチェンジの進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-06-24

実践リーダブルコードのコードチェンジ

実践リーダブルコードのアイスブレイク

2015-06-24開催の実践リーダブルコードでのアイスブレイクの仕方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-06-24

実践リーダブルコードのアイスブレイク

実践リーダブルコードのふりかえり

2015-06-24開催の実践リーダブルコードでのふりかえりの進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-06-24

実践リーダブルコードのふりかえり

実践リーダブルコードの概要

2015-06-24開催の実践リーダブルコードの概要と進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-06-24

実践リーダブルコードの概要

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のグループふりかえりのやり方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-06-06

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のアイスブレイクの仕方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-06-06

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク

SEゼミ2015 - 練習

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」の課題の進め方を練習する方法の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-06-06

SEゼミ2015 - 練習

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会の進め方

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」の進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-06-06

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会の進め方

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のまとめ。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-06-06

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ

SEゼミ2015 - コードチェンジ

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のコードチェンジのやり方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-06-06

SEゼミ2015 - コードチェンジ

PostgreSQLで日本語全文検索 - LIKEとpg_bigmとPGroonga

PostgreSQLアンカンファレンス@東京(2015/5/30)でPostgreSQLの日本語全文検索まわりについて紹介した資料です。

  • rabbit
  • full-text-search
  • pgunconf
  • pgroonga
  • pg_bigm
  • groonga

2015-05-30

PostgreSQLで日本語全文検索 - LIKEとpg_bigmとPGroonga

名著『リーダブルコード』を解説者と一緒に読み解こう - 7章 制御フローを読みやすくする

2015年4月3日(金)21:00-22:00に実施する授業の資料です。今回は「7章 制御フローを読みやすくする」を読みながら、よりよい制御フローの書き方について学びます。

  • rabbit
  • readable-code
  • schoo

2015-04-03

名著『リーダブルコード』を解説者と一緒に読み解こう - 7章 制御フローを読みやすくする

実践リーダブルコードのまとめ

2015-03-06開催の実践リーダブルコードのまとめと次のステップの説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2015-03-06

実践リーダブルコードのまとめ

実践リーダブルコードのコードチェンジ

2015-03-06開催の実践リーダブルコードでのコードチェンジの進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-03-06

実践リーダブルコードのコードチェンジ

実践リーダブルコードの概要

2015-03-06開催の実践リーダブルコードの概要と進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-03-06

実践リーダブルコードの概要

実践リーダブルコードのアイスブレイク

2015-03-06開催の実践リーダブルコードでのアイスブレイクの仕方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-03-06

実践リーダブルコードのアイスブレイク

実践リーダブルコードのふりかえり

2015-03-06開催の実践リーダブルコードでのふりかえりの進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-03-06

実践リーダブルコードのふりかえり

実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方

2015-03-06開催の実践リーダブルコードで実装する課題の概要と進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code

2015-03-06

実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方

Groongaの特徴

CROSS 2015のセッション「全文検索エンジン群雄割拠〜あなたが使うべきはどれだ!〜」でGroongaと他の全文検索エンジンとの違いの説明です。

  • rabbit
  • full-text-search
  • cross2015
  • groonga

2015-01-29

Groongaの特徴

第7回フクオカRuby大賞本審査資料:全文検索エンジンGroongaへのmrubyの組み込み

第7回フクオカRuby大賞本審査用の資料です。「全文検索エンジンGroongaへのmrubyの組み込み」という応募の説明です。 次の3つの項目を含んでいます。 (1) 特徴を表現するもの (2) Rubyを適用した箇所 (3) Rubyを活用したことによる効果、社会に及ぼす影響

  • rabbit
  • mruby
  • groonga
  • full-text-search

2015-01-23

第7回フクオカRuby大賞本審査資料:全文検索エンジンGroongaへのmrubyの組み込み

HerokuでGroonga

Herokuで使える全文検索エンジンGroongaについて紹介します。

  • rabbit
  • heroku
  • groonga
  • full-text-search

2015-01-13

HerokuでGroonga

Hatoholのログ蓄積・検索機能 2014/12版

2014年12月時点でのHatoholのログ蓄積・検索機能について説明します。

  • rabbit
  • hatohol

2014-12-09

Hatoholのログ蓄積・検索機能 2014/12版

名著『リーダブルコード - より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』を解説者と一緒に読み解こう

2014年12月9日(火)21:00-22:00に実施する授業の資料です。今回は「3章 誤解されない名前」を読みながら、よい名前のつけ方について学びます。

  • rabbit
  • readable-code
  • schoo

2014-12-09

名著『リーダブルコード - より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』を解説者と一緒に読み解こう

Groonga族2014

Groonga、Mroonga、Rroonga、Droongaなど、Groonga関連プロジェクトの概要と2014年現在の最新情報を紹介します。

  • rabbit
  • full-text-search
  • groonga
  • mroonga
  • rroonga
  • droonga

2014-11-29

Groonga族2014

Rubyを使った分散全文検索ミドルウェア

この発表はミドルウェアの分野でもRubyの普及を促進することを目指します。Rubyで分散全文検索エンジンというミドルウェアを開発している経験から、Rubyで開発したミドルウェアを他の言語でのプロダクトと差別化するために気をつけるべきことを紹介します。この知見を使って、Rubyを活かしたミドルウェアがより多く開発されることを期待します。

  • rabbit
  • ruby
  • rwc2014

2014-11-13

Rubyを使った分散全文検索ミドルウェア

Groongaドキュメント読書会5の進め方

5回目の「Groongaドキュメント読書会」は、前回の「Groongaドキュメント読書 会」でのフィードバックを反映して進めます。進め方は前回と同様に輪読会式 を使います。

  • rabbit
  • groonga

2014-10-27

Groongaドキュメント読書会5の進め方

いろいろ考えると日本語の全文検索もMySQLがいいね!

MySQLは広く使われているRDBMSです。速いし、レプリケーションのノウハウもあるし、Web上にたくさんの情報もあるからいざというときも安心、というのがその理由でしょう。 そんなMySQLの弱点の1つがデフォルトでは日本語で全文検索できないことです。でも、日本語で全文検索したいし。。。どうしよう。 そんなあなたに最近の日本語の全文検索事情を紹介します。Solr?Elasticsearch?Groonga?PostgreSQLはどうやっているの?Mroonga?Sphinx? いろいろ考えると日本語で全文検索するときもMySQLを使うのがいいね!と思えてくるから不思議です。最近の日本語の全文検索事情を聞いて一緒に考えてみませんか?

  • rabbit
  • mysql
  • full-text-search
  • mroonga

2014-10-18

いろいろ考えると日本語の全文検索もMySQLがいいね!

Hatoholのログ監視機能 2014/10版

2014年10月時点でのHatoholのログ監視機能について説明します。

  • rabbit
  • hatohol

2014-10-07

Hatoholのログ監視機能 2014/10版

Three Ruby usages

This talk describes three Ruby usages: * Implementing high-level interface by Ruby. * Using Ruby as a glue language. * Embedding Ruby into a C program for flexibility. All of them have pros and cons. They are trade-off. If a case can ignore cons, we will have pros for the case. Most of Rubyists implement their Ruby applications only by Ruby. This talk shows another options to use Ruby as your convenient tool. If you know another options and trade-offs of them, you will implement your Ruby applications more effectively. This talk uses Droonga, a distributed full-text search engine, as a sample application to describe these Ruby usages. Droonga uses these three Ruby usages.

  • rabbit
  • ruby
  • mruby
  • droonga

2014-09-20

Three Ruby usages

Groongaドキュメント読書会4の進め方

4回目の「Groongaドキュメント読書会」は、前回の「Groongaドキュメント読書 会」でのフィードバックを反映して進めます。進め方は前回と同様に輪読会式 を使います。

  • rabbit
  • groonga

2014-08-25

Groongaドキュメント読書会4の進め方

Droonga移行後の世界

GroongaからDroongaに移行した後、どんな世界が待っているかを説明します。例えば、どのように運用すればよいか、どのようなケースが得意か、今後どのような機能を強化していくなどです。

  • rabbit
  • groonga
  • droonga

2014-07-30

Droonga移行後の世界

Groongaドキュメント読書会3の進め方

3回目の「Groongaドキュメント読書会」は、前回の「Groongaドキュメント読書 会」でのフィードバックを反映して進めます。進め方は前回と同様に輪読会式 を使います。

  • rabbit
  • groonga

2014-07-23

Groongaドキュメント読書会3の進め方

SEゼミ2014 - コードチェンジ

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のコードチェンジのやり方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2014-07-06

SEゼミ2014 - コードチェンジ

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」の進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2014-07-06

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のアイスブレイクの仕方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2014-07-06

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめ

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のまとめ。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2014-07-06

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめ

SEゼミ2014 - 練習

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」の課題の進め方を練習する方法の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2014-07-06

SEゼミ2014 - 練習

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のグループふりかえりのやり方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2014-07-06

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめ

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のまとめ。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2014-06-22

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめ

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のアイスブレイクの仕方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2014-06-22

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」の進め方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2014-06-22

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のグループふりかえりのやり方の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2014-06-22

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり

SEゼミ2014 - 練習

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」の課題の進め方を練習する方法の説明。

  • rabbit
  • readable-code
  • sezemi

2014-06-22

SEゼミ2014 - 練習

Groongaドキュメント読書会2の進め方

2回目の「Groongaドキュメント読書会」は、前回の「Groongaドキュメント読書 会」でのフィードバックを反映して進めます。進め方は前回と同様に輪読会式 を使います。

  • rabbit
  • groonga

2014-06-03

Groongaドキュメント読書会2の進め方

Groongaドキュメント読書会1の進め方

今回が最初の「Groongaドキュメント読書会」です。そのため、まだうまい進め 方を確立できていません。そこで、このような進め方はどうかという案を提案 します。今回はこのやり方でやってみて、もっとうまく進められるように改良 していきましょう。

  • rabbit
  • groonga

2014-05-15

Groongaドキュメント読書会1の進め方

MariaDBにバンドルされていないMroonga

MroongaがどうしてまだMariaDBにバンドルされていないかを説明します。

  • rabbit
  • mroonga
  • mariadb
  • myna

2014-04-14

MariaDBにバンドルされていないMroonga

Droongaのはじめかた

Droongaはまだ新しいプロダクトなのであまり情報がありません。今回はそんな Droongaを使いはじめる方法を紹介します。

  • rabbit
  • groonga
  • droonga
  • sapporoonga

2014-03-29

Droongaのはじめかた

Groonga族2013

Groonga、Mroonga、Rroonga、Droongaなど、Groonga関連プロジェクトの概要と 最新情報を紹介します。

  • rabbit
  • groonga
  • mroonga
  • rroonga
  • droonga

2013-11-29

Groonga族2013

Be a library developer!

Is there a gem author around you? Did you meet any author of the gems used? Did you contact with any author of the gems used on the Internet? Do you think that "the author is cool!", "the author is awesome!" or "I respect the author!"? Do you want to be a gem author? This talk doesn't describe about how to create a gem because it is easy. "gem" is a package of Ruby library (, tool and so on) for easy to install. This talk describes about developing a library that is gem content. This talk is based on my experience as a library developer. This talk describes about how to write codes, how to write documents, release, support and mental set for a better "library developer". I hope that this talk is a trigger for increasing the number of better "library developers".

  • rabbit
  • rubykaigi
  • library

2013-06-01

Be a library developer!

プログラマー

1人のフリーソフトウェアプログラマーから見えている世界を紹介します。

  • rabbit
  • programmer
  • guruby

2013-03-09

プログラマー

開発者は仕事でリーダブルなコードを書けるのか?

ビジネスアプリケーションにおいても高速/堅牢な、保守性の高いプログラミングが求められています。 去年は「リーダブルなコード」に注目が集まりましたが、具体的に開発者へどんなメリットをもたらすのでしょうか?また、「リーダブルなコード」のコンセプトや手法は現場へ導入可能なのでしょうか? 本セッションでは、リーダブルなコードの概要を紹介した上で開発者にとってのメリットと現場導入について考察します。

  • rabbit
  • readablecode
  • devmi

2013-03-02

開発者は仕事でリーダブルなコードを書けるのか?

リーダブルコードを読んだ後

DevLOVE 2012での「リーダブルコードを読んだ後」というセッションで説明のために使ったスライドです。セッションの内容は、リーダブルコードに書かれていることを実際に使うためにはどうすればよいかということを実際にやってみるというものです。ワークショップ形式のセッションです。

  • rabbit
  • readablecode
  • devlove
  • devlove2012

2012-12-16

リーダブルコードを読んだ後

クリアなコードの作り方 - How to make clear code

私はコードを書くことが好きです。もっと言うとクリアなコードを書くことが 好きです。クリアなコードを書くことはとても楽しいので、みんながクリアな コードを書けるようになればいいなぁと思っています。そこで、私がどうやっ てクリアなコードを書いているかを紹介します。 I like coding. I say more. I like coding clear code. I hope that we can code clear code because coding clear code is very fun. I'll talk about how I code clear code.

  • rabbit
  • sprk2012
  • clear code

2012-09-16

クリアなコードの作り方 - How to make clear code

Rabbit - 時間内に終われるプレゼンツール

2012年6月23日に行われた大統一Debian勉強会でRabbitを紹介したスライドです。 Rabbitの特徴であるプレゼンを時間内に終わることを支援する機能を中心に紹 介します。

  • rabbit
  • debian

2012-06-23

Rabbit - 時間内に終われるプレゼンツール