Rabbit Slide Show

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ

2015-12-22

Description

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめと次のステップの説明。

Text

Page: 1

まとめと次のステップ
須藤功平
株式会社クリアコード
リーダブルコードワークショップ
(パイオニア向け)
2015-12-22
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 2

目的
↓の方法を体験
チームとして
リーダブルコードを書く
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 3

リーダブルコードの効果
✓ 既存コードの変更コスト↓
✓ 理解するまでの時間が短くなるから
✓ 既存コードの変更ミス↓
✓ 間違って理解しにくくなるから
↓
開発速度に影響
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 4

変更コストと開発速度
開発
速度
リーダブルな場合
開発速度が落ちにくい
リーダブルじゃない場合
開発速度が落ちやすい
時間
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 5

チームでリーダブルコード
✓ チームとしての開発速度↑
✓ 空いている人が対応できる
✓ メンバー交代コスト↓
(柔軟なチーム編成が可能)
✓ ○○さんが抜けても困らない
✓ 新しい人を受け入れられる
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 6

実現方法
チームでリーダブルコードを書く
には…
↓
他メンバーのコードを読む
それも!
リーダブルコードを探す目線で
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 7

フィードバックループ
リーダブルコードはないかな?
読む
チーム
書く
読まれるし
リーダブルコードを書こう!
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 8

うれしい副作用
リーダブルコードはないかな?
読む
チーム
リーダブル
コード
リーダブル
コード
お、リーダブルコードだなぁ。
自分が書く時に取り入れよう!
書く
読まれるし
リーダブルコードを書こう!
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 9

体験内容
✓ 個人として開発する
✓ ペアとして開発する
✓ ペアのリーダブルコードを見つける
→共有
✓ チームとして開発する
✓ 他メンバーのリーダブルコードを
見つける→共有
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 10

体験した狙い
きっかけ作り
✓ よかったと実感
✓ 自分たちのチームに取り入れる
✓ そのままでもアレンジしてもよい
✓ そうでもなかった
✓ 「合わない」という知見が増えた😇
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 11

よかった場合向け
参考情報紹介
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 12

リーダブルコードの伝え方
✓ Wikiに書く
✓ メモの書き方が参考になるはず
✓ コードで伝える
✓ 人のコードを読むチームならできる
✓ リーダブルコードをコミット!
✓ →他の人:「またこの書き方だ」
✓ →真似する人増加
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 13

コードを読む文化
✓ 新人の受け入れにも有用
✓ 人の入れ替えにも有用
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 14

どうして有用か
開発を通じて↓を伝えられる
✓ チームが大事にしていること
✓ チームのリーダブル
✓ チームの開発スタイル
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 15

コードを読む文化
チームが大事にしていることを
開発を通じて伝えられる
↓
✓ 新人の受け入れにも有用
✓ 開発速度低下を抑えられる
✓ 人の入れ替えにも有用
✓ リーダブル見直しのよい機会
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 16

これからやること
✓ コミットメールを設定
✓ git-commit-mailer
✓ github-web-hooks-receiver
✓ 使っているOSSのコミットで練習
✓ commit-email.info
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 17

FAQ
✓ Q: コミットを読むコストが高い
✓ A1: コストを下げる方法を試す
✓ A2: メリットと天秤にかける
(自動テストと開発速度の関係と似ている)
まとめと次のステップ
Powered by Rabbit 2.1.9

Other slides

Apache Arrow
2017-06-13
Apache Arrow
2017-05-28
Mroonga!
2015-10-30