Rabbit Slide Show

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順

2016-03-26

Description

OSS Gateワークショップ(チュートリアル)でのOSS開発手順の説明。

Text

Page: 1

OSS開発手順
須藤功平
株式会社クリアコード
OSS Gateワークショップ
2016-03-26
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 2

立場一覧
✓ ビギナー
✓ メンター
✓ 進行役
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 3

立場別目的
✓ ビギナー
✓ OSSの開発に参加したい!
(どうして参加したいかは問わない!)
✓ メンター・進行役
✓ OSSの開発に参加する人を
増やしたい!
(どうして増やしたいかは問わない!)
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 4

ビギナー
✓ OSSの開発に参加したい
✓ でも参加したことはない
✓ OSSの開発に参加した事はある
✓ でもまだ自信がない
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 5

メンター
✓ ビギナーのサポート係
✓ OSS開発経験者
✓ →困ったり悩んだら積極的に相談
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 6

進行役
✓ メンターの1人
✓ 進行と全体を気にかける係
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 7

ワークショップの目的
ビギナーの
OSS開発参加への
不安を払拭
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 8

目的の理由
不安を払拭できれば
OSSの開発に参加できるはず!
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 9

目的の実現方法概要
手順を伝える
✓ 知らないから不安なんだよね
✓ ただし、1つだけ伝える
✓ 不安には
多くの選択肢より1つのオススメ
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 10

目的の実現方法
1. 開発参加時の手順を知る
✓ オススメ手順を知る
2. 実践する
✓ ビギナーが実際に体験する
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 11

開発参加時の手順
途中で詰まったらメモしておく
(後で直すため)
✓ まず動かす(ものすごく大事)
✓ 開発用にインストール
✓ テストを実行
✓ ...
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 12

詰まったらメモ
✓ うまくいかない…
✓ 文句言っちゃう?
✓ 文句を言っている時間で直す?
✓ OSS開発参加チャンス!楽しもう!
✓ 直したら次の人はうまくいく!
✓ 直すときにメモを活用
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 13

メモ
✓ 作業メモissueへ
✓ 再現できる情報を書く
(大事なので午後も説明する)
✓ 何をした?何を期待?実際は?
メンターへ:最終的に「報告をもらう人が理解できる情報」
にブラッシュアップするので、ここでは雑でいい。ブラッシ
ュアップ時に参考になる情報を入れるようにフォロー。自分
ならどういう情報を入れる?
メンターへ:バグレポートに必要な情報を想像するといいか
も
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 14

メモ例
brewでインストールできるはずなのに失敗した
(↑期待する結果)
(↓なにをしたか)
% brew install XXX
(...コマンドの実行結果...)
(↑実際の結果)
XXX is not found
↑というようにパッケージがないと言われる
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 15

まず動かす
1. 開発対象OSSを確認
2. ドキュメントを確認
✓ 「ユーザー」として動かす
✓ 「開発者」としてじゃない!
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 16

ユーザーとして動かす
✓ ドキュメントを読んで…
(↓に不備があったらメモ。後で直す。)
✓ 概要理解
✓ インストール
✓ チュートリアル実行など…
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 17

「まず動かす」の目標
このOSSが
わかった
メンターへ:詰まった人のフォローは、「問題を代わりに解
決」ではなく、自分はこうやって調べる、一緒にやってみよ
う、でお願い
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 18

わかる
✓ ↓の状態になっていること
✓ 自分が使える
✓ 他の人に説明できる
✓ 他の類似ツールと比較できる
「まず動かす」で
「わかる」状態に
ならなかったら…
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 19

わからない…
✓ ドキュメントが足りなかった?
✓ サンプルコードを確認
✓ テストコードを確認
✓ パラメーターを変えながら動かす
✓ ↑はメモポイント!
メンターへ:こういうときは自分はどうやっている?
メンターへ:新しい視点を伝えて
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 20

開発参加時の手順
途中で詰まったらメモしておく
(後で直すため)
✓ まず動かす(ものすごく大事)
✓ 開発用にインストール
✓ テストを実行
✓ ...
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 21

大事なこと
楽しむ!
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Page: 22

まずユーザーとして動かす
1. 対象OSSを確認→fork
2. ドキュメントを確認
(↓に不備→作業メモissueにメモ→後で直す)
✓ 概要理解・インストール・
✓ チュートリアル実行など…
このOSSがわかる!を目指す
(わかる = 自分が使える・他の人に説明できる)
OSS開発手順
Powered by Rabbit 2.1.9

Other slides

Apache Arrow
2017-06-13
Apache Arrow
2017-05-28
Mroonga!
2015-10-30