Rabbit Slide Show

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク

2015-06-06

Description

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」のアイスブレイクの仕方の説明。

Text

Page: 1

アイスブレーク
須藤功平
株式会社クリアコード
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会
2015-06-06
アイスブレーク
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 2

目的
いつも通り
コードを書ける
ようになる
アイスブレーク
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 3

やること1
GitHubにリポジトリーを作る
名前:
${アカウント名}-sezemi-2015-readable-code
例:
kou-sezemi-2015-readable-code
作ったらメンターへ確認依頼
メンターへ:自分のリポジトリーも作ってください
アイスブレーク
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 4

やること2
✓ README.mdを作る
✓ 内容は開発言語
✓ 今日使うエディターで書くこと!
✓ commit & push
✓ pushしたらメンターへ確認依頼
アイスブレーク
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 5

やること3
✓ ${アカウント名}.mdを作る
✓ 例: kou.md
✓ 内容:自己紹介 (公開してよい情報のみ)
✓ 今日使うエディターで書くこと!
✓ commit & push
✓ pushしたらメンターへ確認依頼
アイスブレーク
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 6

やること4
✓ メンターに
自分のリポジトリーを伝える
✓ メンターのリポジトリーの
Issueにコメント
✓ →メンターに確認してもらう
メンターへ:Issueは参加者に立ててもらってもOK
アイスブレーク
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 7

終わったら…
✓ 同じグループの
まだできていない人を助ける
✓ 同じグループの人が全員完了→
✓ シナリオを予習
https://github.com/clear-code/sezemi-2015/blob/
master/readable-code/scenario.md
✓ 課題を予習
https://github.com/clear-code/sezemi-2015/blob/
master/readable-code/task.md
アイスブレーク
Powered by Rabbit 2.1.7

Page: 8

確認
✓ 動作確認できたか
✓ いつものエディターを使えた?
✓ Git/GitHubを使えた?
✓ いつも通りコードを書けそう?
アイスブレーク
Powered by Rabbit 2.1.7

Other slides

Apache Arrow
2017-06-13
Apache Arrow
2017-05-28
Mroonga!
2015-10-30