Rabbit Slide Show

SEゼミ2014 - 練習

2014-06-22

Description

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」の課題の進め方を練習する方法の説明。

Text

Page: 1

練習の仕方
須藤功平
株式会社クリアコード
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会1
2014/06/22
練習の仕方
Powered by Rabbit 2.1.3

Page: 2

課題の目的
将来を見据えた
リーダブルコード力の
レベルアップ
練習の仕方
Powered by Rabbit 2.1.3

Page: 3

目指すこと
リーダブルコードを
発見できるようになる
練習の仕方
Powered by Rabbit 2.1.3

Page: 4

目指さないこと
✓ テクニックをたくさん覚える
✓ 難しいプログラムでも
実装できるようになる
✓ 速く実装できるようになる
練習の仕方
Powered by Rabbit 2.1.3

Page: 5

課題の傾向
✓ 技術的に難しいことは
意図的に避けている
✓ 段階的に改良していく
✓ 時間内で実装しきれない分量
✓ すべて実装する必要はない!
練習の仕方
Powered by Rabbit 2.1.3

Page: 6

練習としてやること
仕様1を実装
進め方の詳細はtask.mdを参照
練習の仕方
Powered by Rabbit 2.1.3

Page: 7

メモ
✓ 工夫したことはmemo.mdに書く
✓ memo.mdはリポジトリーにpush
✓ ↓を含めるとよい
✓ 実際のコードのURL
✓ リーダブルな理由
練習の仕方
Powered by Rabbit 2.1.3

Page: 8

リーダブルコードとは
✓ 読む人基準
✓ 読む人がリーダブルだと思ったら
リーダブルコード
✓ 読む人の視点を意識してみて
✓ どんな人が読む?
✓ どんな前提知識がある?
練習の仕方
Powered by Rabbit 2.1.3

Page: 9

困ったら1
✓ メンターに相談
✓ メンターは答えを教えない
✓ 一緒に考えてくれる
✓ なんで!?答えを教えてよ!
✓ トレーナーが禁止している
(参加者が考える機会を奪わないため)
✓ メンターは意地悪ではない
練習の仕方
Powered by Rabbit 2.1.3

Page: 10

困ったら2
✓ まわりの参加者に相談
✓ 答えを教えてもよい
✓ 一緒に考えてもよい
✓ ヒント
✓ 答えを教えるときは理由も伝える
(教える参加者が考える機会になる!)
✓ 聞く人は理由も聞く
(考え方を知ると新しい視点でコードを読める!)
練習の仕方
Powered by Rabbit 2.1.3

Page: 11

連絡事項
✓ C系グループ・Pythonグループ
✓ 休憩後は会議室へ移動
✓ 12:00になったら戻ってくる
✓ 午後は元の場所
✓ Javaグループ・Rubyグループ
✓ 移動なし
練習の仕方
Powered by Rabbit 2.1.3

Other slides

Apache Arrow
2017-06-13
Apache Arrow
2017-05-28
Mroonga!
2015-10-30